トップページへ > 憧れのロフトだったのに
憧れのロフトだったのに
" わたしは長年、ロフト付きのマンションに憧れていました。 数年前に5歳年上のいとこの家に遊びに行った時、そこがロフト付きのお部屋で、なんだかとってもオシャレに見えてしまい、「わたしもいつかこんな家に住みたいな」と思ったのがきっかけです。 それから数年後、お部屋探しの際に新築のロフト付きマンションを発見したわたしは、「ついにロフト付きの部屋に住む時が来た」と思い、その部屋を借りることにしました。 しかしいざ住んでみると、ロフトをどのように活用したら良いのか分からずオロオロ状態に。 いとこの部屋は間違いなくオシャレだったのに、センスのないわたしにはロフトをオシャレに使いこなす事ができなかったのです。 何度かお部屋の本やインテリアの本を買って読み、どうにかしてわたしのロフトをオシャレに演出できないかと勉強してみたのですが、全然オシャレにはならず…。 でも、わたしはセンスが無いのでそんな感じでしたが、センスがある方なら、わたしのいとこのようにオシャレに過ごせると思います!"

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 宮城県の引越し業者 . All rights reserved